産業遺産・文化財の紹介

(13) 南陽倶楽部

南陽倶楽部
名称 南陽倶楽部
概要 1924(大正13)年頃、(資)矢橋大理石商店が、石材構築物として建設した洋館です。建物には、金生山で採掘した白大理石が床に使用され、引き違い戸の腰張や暖炉も大理石で作られている。また昭和天皇と現在の天皇の行幸もありました。本館・西館・東館があります。
所在地 大垣市赤坂町(矢橋大理石(株)の敷地内)