TOP > 西美濃の産業の歴史

西美濃の産業の歴史

大垣の近代を拓く電源開発

立川勇次郎
立川勇次郎

 江戸時代には戸田藩十万石の城下町として栄えた大垣。明治維新以後は近代的な産業の振興を図りますが、たび重なる水害や濃尾大震災の影響もあり、なかなかうまく進みませんでした。
 しかしながら1905(明治38)年、木曽三川分流工事が完了すると、大垣の豊富な地下水や交通の便のよさなどが注目されるようになります。そして1912(大正元)年、大垣の有力者たちは大垣出身の実業家・立川勇次郎を社長に迎え、地域の振興と産業の誘致をめざして電力会社を設立しました。これがイビデン(株)の創業です。
 発電所は揖斐川の上流に建設され、最初の発電所(西横山発電所)が完成したのが1916(大正5)年のこと。さらに好況の波をうけ、翌1917(大正6)年には2番目の発電所の建設が始まりました。

イビデン東横山発電所
イビデン東横山発電所
揖斐郡揖斐川町藤橋東横山

 この2番目の発電所がイビデン東横山発電所で、今もイビデン(株)に電力を供給しています。建設当時の姿を今もとどめるレンガ造りの優美な建物は、道の駅星のふる里ふじはしから望見することができます。知る人ぞ知る桜の名所でもあり、春には歴史ある建物と桜が揖斐川に映えて最高の景色です。また、道の駅には発電所の建設当初に使われていた発電タービンも展示され、間近に見ることができます。


繊維のまち・大垣

戸田鋭之助
戸田鋭之助

 大垣藩の家老だった戸田鋭之助は、1878(明治11)年に元藩士を集めて第百二十九国立銀行を設立、1896(明治29)年には大垣共立銀行を設立して初代頭取に就任しました。さらに、旧大垣町の初代町長、大垣商工会議所会頭などを歴任する一方、大垣の産業振興に尽力します。そして、治水の成功や電源開発などを背景に、後藤毛織、摂津紡績といった全国的な大企業の誘致に成功しました。
 以後、市内には数多くの繊維工場ができて全国から多くの労働者が集まるようになり、大垣の街は活気にあふれました。大垣は「繊維のまち」だったのです。
 これら工場の多くは繊維工業の衰退とともに撤退し、広大な敷地はショッピングモールなどに姿を変えてしまいましたが、かつての面影を現在に伝える産業遺産が残っています。

旧鐘紡の赤レンガ倉庫 大垣市室村町3-74-1
旧鐘紡の赤レンガ倉庫
大垣市室村町3-74-1

 その一つが旧鐘紡の赤レンガ倉庫で、1914(大正3)年に建設されました。当初は後藤毛織の分工場として建設され、それが鐘淵紡績、鐘紡大垣工場となっていったものです。
 オーミケンシもまた、大垣に大規模な工場をもっていました。1950(昭和25)年に日本電気大垣工場を買収して誕生した近江絹糸大垣工場がそれで、紡績機を十四万錘も設置する日本屈指の工場でした。


鉄道遺産の宝庫

東海道線の揖斐川橋梁 大垣市新開町〜安八郡安八町西結
東海道線の揖斐川橋梁
大垣市新開町〜安八郡安八町西結

 大垣と西美濃は、東西南北を結ぶ交通の要所であり、明治期にはいち早く鉄道が敷設されました。揖斐・長良・木曽川をはじめ、多くの川が流れる地域でもあったため、当時の最新技術の粋を集めた橋梁が数多く建設されています。
 なかでも東海道線の揖斐川橋梁は、元々は1885(明治18)年、東海道線のためにつくられた単線用のイギリス製鉄道橋で、歴史的価値が高いとして、2008(平成20)年に国の有形文化財に指定されています。レンガ造りの橋脚が往時をしのばせるほか、現在も自転車専用橋として活用されているため、ぜひ自転車に乗って渡ってみることをおすすめします。
 また、この橋が20年使われた後、南隣に1906(明治39)年に建設された複線用橋梁も橋台が残り(揖斐川第2橋梁の橋台)、さらに南隣には現在の橋梁が並んで走っています。北200メートルには、古い2つの鉄道橋をつなげて1956(昭和31)年に建設された樽見鉄道の橋梁(樽見線の揖斐川橋梁)も現役であり、ここは鉄道遺産の宝庫といえるでしょう。

西大垣駅舎 大垣市木戸町910
西大垣駅舎
大垣市木戸町910

 大垣と桑名を結ぶ養老鉄道も、昔ながらの風情を残す鉄道で、多くの戦前の木造駅舎が現存しています。なかでも西大垣駅舎は1913(大正2)年につくられた、開業当初からの古い木造駅舎で、映画のロケ地にもなっています。
 養老鉄道と樽見鉄道は企画列車にも力を入れており、中でも車中で薬膳料理を楽しめる「薬膳(薬草)列車」は、毎年人気を集めています(要予約)。