TOP > 大丸松下のこだわり

大丸松下のこだわり

工場内観 本社工場のある大垣の地は、自噴水が湧くなど古くから水の都と称されていました。
食の基本でもある「おいしい水」をふんだんに使って、私たちの商品は作られています。
私たちは、自分の目の届く範囲で商品を作り、出来たてをお届けしたと考えています。
金時豆は、北海道十勝産の原料を、甘く濃厚な糖液に漬け込んで、ゆっくりと味付けをしています。
焼とりは、九州産の鶏肉を、自社工場で焼き上げ、仕上げにオリジナルのタレをたっぷりと付けます。
工場外観 佃煮や煮物は、釜の前で職人が、食材の煮上がる瞬間を見ながら作っています。
私たちは、これからも効率だけに目を奪われず、おいしい商品を愚直に作り続けます。